主宰中尾知代によるプロデュース型演劇ユニット

by hachi-tora

<大切なご報告>蜂寅企画プロデューサー就任につきまして

<大切なお知らせとご挨拶>


前日記に載せようかと画策しましたが、思いの外がたっぷり後記を書いていまいましたので・・
改めましての改めまして!


蜂寅企画第11回「きら星のごとく〜おんな北斎藍色草紙〜」
お陰様で蜂寅企画初! 観客動員1200人越えいたしました!
本当に本当にありがとうございます!!
どうか今後ともご贔屓に!


演劇的にも興業的にも団体的にも更なる進化が求められている蜂寅企画。
これからのための、新たな指針を定めましたのでご報告いたします!


尊敬する演劇の先輩であり、俳優・演出家である
板倉光隆さんが蜂寅企画のプロデューサーに就任決定致しました。


と言っても。
今日から就任、ということではなく
今年3月にご一緒して以来ずっと企画段階からいろんなことに携わってくださっていて
島田・安田が加入した新体制へ至る経緯にしても
いろんな悪巧みにしても、綿密な諸々の計画にしても
真実、この方が黒幕であったといっても過言ではありません。
毎日ケツをぶっ叩かれております(語弊)

厳しくも優しい演劇への愛を持った板倉さんと
これからも共に演劇の航路を行きたいと思い、改めてお願いした次第であります。
島田安田と切磋琢磨し、共に頑張って参ります。

皆様に新たな景色をお見せできるように。
どうかこれからも蜂寅企画を宜しくお願いいたします。



蜂寅企画中尾知代

****************************



<板倉光隆 就任挨拶>

蜂寅企画プロデューサー就任にあたって

日頃から蜂寅企画を応援下さる皆さまへ

この度、蜂寅企画プロデューサーに就任しました板倉光隆です。
プロデューサーと言いましても何か特別な事がある訳ではなく、
主宰の中尾さんをはじめ島田さん、安田くんとともに蜂寅企画の作品づくりを、
より楽しく、より可能性のあるものに、そして何より沢山の皆さまに楽しんで頂けるように、
と考えております。
今の時代に演劇をつくりだす事、時代劇に拘って作品づくりをする事の意味と意義を蜂寅メンバーと話し合いながら、考え抜いていけたらと思います。
今後とも蜂寅企画へのご支援をどうぞよろしくお願い致します。


b0182087_23161329.jpg

板倉光隆
[PR]
by hachi-tora | 2016-09-25 19:00 | ●公演情報