主宰中尾知代によるプロデュース型演劇ユニット

by hachi-tora

カテゴリ:●主宰あいさつ( 3 )

愛と感謝の2016年。



あと数時間で2016年が終わる大晦日!

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

ご無沙汰しております蜂寅企画主宰中尾です。



遅くなりましたが

「冬のはちとら短編集」無事終幕いたしました!

ご来場くださいました皆さま、熱いエールを送ってくださった皆さま

誠にありがとうございました!

改めて熱い感謝を!



2016年の一年でもう三年くらいは過ごした気分の中尾でございます。

公式ファンクラブ「はちとらびいき」の設立に始まり

劇団員島田紗良、安田徳のメンバー加入

プロデューサー板倉光隆就任・・。

「ひゃくはち問答」「きら星のごとく」「冬のはちとら短編集」の三公演を行い

ドラマCDやツイキャスなどの公演以外の活動など・・!!



広く深くめいっぱい冒険をした怒涛の一年でしたね。



勇気が必要でした。誰しもそうですが変化をするのは勇気が要ります。

それがたとえどんなに小さなことでも、前向きな変化であったとしても。

7年間ひとりだったこともあり、決断の前に恐怖がありました。


けれどとても良い一年でした。

勇気を持って決断したことと、それに伴う日々の活動とが

良き方向に向かっていると信じております。

苦しいですし、楽しくないこともたくさんありますが。笑




いろんな声が飛び交います。

けれど人の変化は止められないのです。

その声を拾いきれはしないけれど、真摯に受け止めたいと思っています。



「変わらないままでいる」という選択の方が

よっぽど勇気のいる判断だと今の中尾は心底思うのです。



問答は続きます。

演劇と世界(社会)と、そして時代劇と。

愛するものを、きちんと愛するために

真摯に問答を続けて参ります。



勇気の物語と

祈りの台詞を

来年もしっかと描いて参りたいと思っております。


わたしが一番わくわくする年に。笑

もちろんみなさんと一緒に過ごせれば最高ですよ!

共に湯船に浸かる心地ですよ!!

というわけで来年は4月にご注目あれ!↓↓




蜂寅企画 第十二回公演

「わすれな三助~大江戸絢爛湯屋物語~」(仮)

戯曲・中尾知代(蜂寅企画) 演出・板倉光隆

2017419日(水)~23日(日) 中野ザ・ポケット




2017年も蜂寅企画をどうぞよろしくお願いいたします!!

よいお年を♡


蜂寅企画 主宰中尾知代


[PR]
by hachi-tora | 2016-12-31 20:24 | ●主宰あいさつ
蜂寅企画 第九回公演 くれない博徒〜壺振りおりん花合わせ〜
満員御礼で無事千穐楽を迎えました!

ご来場下さいました皆様、ご支援ご声援くださった皆様
本当にありがとうございました。

そして21人のキャストとスタッフに心よりの感謝を。

命を賭けて作品の血と肉と骨になってくれた。

見たかった輝く出目が見られた。それはきっとお客様にも観てとれたことと思います。

毎度のことではありますが、もっと成長しなければと痛感した現場でした。
恨まれ憎まれ稼業はお手の物。
これからも精進しよう。

誰に頼まれたわけでもない、けれど描く。
何かを引き換えにすることがあるのかもしれない。
それでも筆とともに生きよう。
改めてそう思えました。

お客様に、あなたに、
きら星のごとく輝く言葉が贈ることができればこの上ない幸せ。



2015年もがんばるぞイ!
蜂寅企画を引き続きご贔屓の程、 何卒よろしくお願いいたします!!
[PR]
by hachi-tora | 2014-12-31 23:37 | ●主宰あいさつ

2013年最後のご挨拶。

 今年最後の日の入りをなんとなしに見守って大晦日の日を迎えました
中尾です。
いつだって相当に早い速度で日々が終わっていくので気をつけていかねばならないですね。。。年の瀬だろうと早春であろうと真夏であろうと。
一日が終わるのは今日に限った話じゃあない。
まあ、一年の終わりの日は特別に変わりはありませんがね。
大晦日を迎えてだいぶセンチメンタルになっている中尾です!シニカルシニカル!


せっかくなのでこの一年を振り返ってみましょうかね!

中尾の2013年ダイジェスト!

1月よろきん 戯曲提供・演出 二本
2、3月 鉄火のいろは 戯曲・演出
4、5月 よろきん番外公演ましろ診療所 戯曲・演出
5月 神戸旅行・ラスベガス旅行
6月 エーライツ演出助手・吉祥寺シアター人狼に所作指導
7月 エーシアターに 鉄火のいろは戯曲提供
8月 伊勢参り・蜂寅で海水浴・熱海花火大会撮影
9・10月 つかのま真打ち
11月・12月 鈴舟「デイドリーム・ビリーバー」演出助手

という感じでした。

色んな方々と演劇界の諸先輩方とご一緒にお仕事出来て、経験になりましたね。
しかし来年はもっと仕事したい。

現在も有難いことに、いくつかお声掛け頂いておりますが。
もっともっと仕事したい。
そんな訳でお仕事の依頼お待ちしております!笑


腹括って、しかし笑って荒野をゆきたいものです。
怒りを力に変える、それだけではない境地にも行けるようにならねば。
今に見てろ、がマイキーワードであった時代を少なからず乗り越えた
一年であったと評価しております。
劇作・演出家として仕事をし始めた一年目としては上々の一年であったかと。

原点に戻りつつも、更なる進化を迎えねば。
第九回本公演で、”打ち破る何か”を携えて皆様にお会いしたいと思います。
極上上吉の一年を。


本年も蜂寅企画及び中尾知代が大変お世話になりました。
皆様のおかげでかろうじて生きております。

来年も、何卒宜しくお願い致します!!
よいお年を!

蜂寅企画 中尾
[PR]
by hachi-tora | 2013-12-31 18:27 | ●主宰あいさつ