主宰中尾知代によるプロデュース型演劇ユニット

by hachi-tora

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

蜂寅台詞BOT始動!!

  寒くなってきましたねー。
冬生まれだけど寒さに弱い、アイラブ布団協会理事の中尾で御座います。

遂に出来ました!!

「蜂寅台詞BOT」@8tora_BOT!!

ずっと作ろうと思っていたのですが、やっと出来ました!ヤッター!
BOTってなんなのサ、というそこのあなた!
Twitterの機能を使って自動的につぶやいてくれるシステムのことでして。。。

つまり
Twitterで蜂寅企画の過去公演の台詞が見られるんです!!
あの芝居の、あの台詞があなたのTLで蘇ります!!

旗揚げ公演「権十郎の傘」から「つかのま真打ち」まで、総勢80人近い登場人物たちの
台詞をチョイスしてランダムにつぶやきます。


Twitterをやってる方限定にはなってしまいますが、これを機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか??笑

「蜂寅台詞BOT」または @8tora_BOTで検索お願い致します!
みなさまのフォローお待ちしております!!
[PR]
by hachi-tora | 2013-11-21 11:45
 ほんのつかのま、瞬きほどの間の愉快な旅で御座いましたよ。


もう「つかのま真打ち」が終幕して二週間以上も経っているのですね。

お天道様もすっかり冬支度の今日この頃ですが、みなさま如何お過ごしでしょうか?


すっかりめっきりご挨拶が遅れまして大変失礼しました。
ご来場くださいました皆様、ご来場頂けませんでしたが、多大なるご支援ご声援を下さいました皆様
誠に有難う御座いました。


 神様と、落語家と、詐欺師の奇妙奇天烈愉快な珍道中、いかがでしたでしょうか?
彼らが江戸から伊勢へと旅をしたように、今回中尾もひとつ冒険をしました。
今までとは違う手法を組み入れて書いた戯曲でした。


 藪の中をえっさほいさと進みながら、ズタ袋のようになりながら。
嗚呼やっぱり、と思うことが多々ありました。
演劇を、芝居を、江戸時代を、時代劇を好きだと思うこと。
その分、苦しんだり憎んだり哀しんだりしてしまうこと。
喉元過ぎても、忘れてはならぬこと。を改めて実感。


やっぱりスタッフやキャストの力に支えられた公演なのでした。
 蜂寅やおよろずでした。
さまざまなことに秀でた神々がこうして「つかのま真打ち」の為に
尽力して下さったこと、本当に拍手を捧げ、拝むような気持ちです。

 そして勿論、お客様も神様です(笑)いや本当に。


 本当にありがとうございました。全身全霊の感謝を。



しかし
このままではいけない。いや、このままで満足したくない
もっと大きく飛躍したい。
貪欲に邁進したい。という気持ちがふつふつとしております
更なる飛躍を求め、修行して戻って参りますので
今後とも蜂寅企画を何卒宜しくお願い致します!



b0182087_0491157.jpg


 そんな訳で次回公演は武者修行のためにちょっと先になります!

第九回公演は2014年夏を予定!ちゃんちゃんばらばら、切った張ったの大立ち廻り!

---惚れた腫れたが身の破滅、こいつがあたいの宿命だって?
ちゃんちゃらおかしい。笑っちまわあ
賽の目、ひとつ。数ひとつ。転がしゃ変わる博打と同じよ。
宿命なんぞ、切札ひとつで変えてみせまさァ。---



「宵越し花札~壺振りお燐任侠伝~」(仮)
詳細は決まり次第続々UPして参ります!



そして期待大!!!
お待ちかね!の つかのま真打ちPVも鋭意製作中です!!
毎度おなじみ、ハイセンスハイクオリティに定評のある
UISHAAA WORKS 製作ですよ!!

今回もよだれを垂らして待っていてください!
(誰よりもよだれを垂らしているのは中尾ですけれども!!)
[PR]
by hachi-tora | 2013-11-08 00:57