主宰中尾知代によるプロデュース型演劇ユニット

by hachi-tora

新年のご挨拶&3月公演アンサンブルオーディション開催!

新年あけましておめでとうございます!
2016年がはじまりましたねえ。皆様いかがお過ごしでしょうか?
一年の計は元旦にあり、ってことで中尾は
新宿花園神社に、芸能浅間神社に初詣に行って参りましたよ!(●´ω`●)ゞ

今年は着実なる変化、進化をしたいと思っております。
2016年、蜂寅企画やってやりますよ。
筆と共に駆けてゆく所存です。
今年も何卒宜しくお願い致します!!!

さあて待ちに待った蜂寅企画本公演、
今年は本公演は3月と9月にどどんと打ち上げまっせ!!

蜂寅企画 は ついに第十回公演を迎えます!!

「ひゃくはち問答〜拝まれ真如顛末記〜」
2016年3月2日〜6日@中野BONBON



今回はなんと 坊主と仏教のお話! 
ことば と 剣戟の 戦い!!!

そしてそして
アンサンブルオーディション開催です!!
今回のこの公演を一緒に盛り上げてくださる出演者を大大大募集です!

粋で鯔背な姐さん兄さん老若男女お待ちしております!
下記内容を参照の上、ご連絡ください!

*******************************************

【アンサンブル募集オーディション開催】
《あらすじ》

戦の匂いがする。きな臭い不穏な空気が漂う幕末。
戦国の世から僧侶たちが隠し続けた秘術の封印が解かれようとしていた・・・。
拝み拝まれ手を合わされて頭(こうべ)を垂れては とかく嫌とは言えぬが身上、坊主の真如。
真如の相棒、喧嘩っ早くて短気な男、テン。

そんなふたりが ある少女に出会う。

「お願い真如。合掌術で、どうかこの浮世を救って!」

少女の名は 蓮(れん)。突如英空寺に現れた不思議な少女。
英空寺に伝わる、“合掌術”と呼ばれる秘術。
それは仏像 に 命を吹き込み、血を通わせ、そして 戦神として戦わせ操る秘術であった・・。
真如の相棒テンは、仏像毘沙門天。真如が子供の頃に秘術を発動させて以来、彼と共にいる仏像なのだ。
その秘術を我が物にせんと、幕府、倒幕派、秘術を守り続けた僧侶たちの三つ巴が今、はじまろうとしている!

「なぜ争い、なぜ生き、なぜ死ぬのだろうか。

どんな悲しい目にあっても血は廻る。どんなに苦しくも泣きたくも血は廻る。

腹は減り、屁は放り出るわ、眠くもなる、そして何より甘き肌に触れたい。 

参っちまうぜ、まったくよう。

百と八つの煩悩と付き合って生きねばならん。

けどよう、ひゃくはち以上の答えが

そこにある。確かにあるんさ。・・・蓮の花咲く、この場所に。」



蜂寅企画第十回公演は 

剣戟×ことばの戦い!命を懸けて刀とことばが丁々発止と切り結ぶ!江戸の人々のケレンと情熱が大暴れ!新感覚仏教浪漫時代活劇!



※チケットノルマ有り
(〜15枚程度)

◎オーディション詳細

【日程・場所】

2016年1月24日 日曜日
⑴13時〜17時
⑵18時〜20時半

都内スタジオにて開催。

【応募方法】
参加希望の方は、hachitora_kikaku@yahoo.co.jpまで下記の内容をお送り下さい。

①名前(フリガナ)
②性別
③年齢
④電話番号
⑤舞台履歴(特になければ無記入で結構です。)
⑥時間帯希望

【稽古開始】
2月5日〜

【参加費】
500円


【応募締切】
1/24 07:00まで


*******************************************

皆様のご応募お待ちしております(●´ω`●)ゞ


b0182087_22423560.jpg
b0182087_22422359.jpg

****************************************
蜂寅企画 中尾知代
tel 08055161866
hachitora_kikaku@yahoo.co.jp
http://8tora.web.fc2.com/
**************************************
[PR]
by hachi-tora | 2016-01-02 22:43 | ●公演情報